王子周辺の患者様一人ひとりと対話を重ねながらその方にあった適切な治療を行います。

院内の様子を360°のパノラマで体験しよう!

what's new

   

                 6月4日は虫歯予防デーです

     色々なところで、虫歯について話題になります

   ご家族のお口の中はいかがですか・・?

  心配なことはありませんか・・?


個人差はありますが、子供の歯は生後6ケ月から8ケ月ころ乳歯がはえはじめます。

それと同時に離乳が開始しされ、ペースト状のものから徐々に噛んで飲み込む練習をはじめていきます。

歯の表面にプラークも付き始めます。このころから親子で歯ブラシの練習を始めることは大切です。

最初はお口の中が慣れていないので嫌がりますが、あわてずにお子さんの成長に合わせて

慣れていきましょう。ひどく嫌がる場合はガーゼや綿棒でふいてあげてください。

お子様の歯ブラシと同時に大切なのは保護者の方のお口の状態です。

2歳で乳歯に虫歯のあるお子さんの保護者74%の方に未治療の歯があると発表されてます。

保護者の方の細菌がお子さんに感染していきます。

1歳7ケ月から2歳半の間に感染させないように注意をし、

できるだけ感染する時期を遅らせることが大切です。

虫歯という観点からは最初のお誕生日を過ぎたら断乳をお勧めします。

引き続きやめられないときは、低濃度のフッ素(チェックアップジェル・レノビーゴ・ホームgel)

など活用して、虫歯になるリスクを下げましょう。

母乳は大切な成分がたくさん入っていますが、長期にわたる授乳は虫歯のリスクをあげてしまいます。

心配なかたはご相談ください。そのお子さんご家庭の考え方に沿ったアドバイスができます。

そして、年齢にあった歯ブラシの方法で頑張りましょう!

0〜2歳での仕上げ磨きのPOINT

   歯ブラシは鉛筆持ちで、力をいれずに細かく動かします。

  この時上の歯はくちびるを指で持ち上げて磨かないと磨き残しが多くできてしまいます。

 「イー」と「アー」のくちにさせるのがポイントです。

   この時期虫歯になりやすいのは、上の前歯の外側&奥歯の噛み合わせです


3〜5歳の仕上げ磨きのPOINT(生活習慣のなか食べたら磨くように意識させましょう)

  虫歯になりやすい3ケ所を重点的にみがきましょう

 歯と歯の間はデンタルフロスを通してください。特に奥歯はかならず1日1回は通してください

 歯科検診も重要です。ダイアグノデントというレーザーの機械で数値化して虫歯の深さをチェックして

 対処方法を考えていきます。

 4歳くらいからブクブクうがいの練習をさせいき、上手にできるようになったらフッ素を洗口液に変えて

 習慣付けていくと少し保護者の方の手も煩わすことなく、毎日の虫歯予防の習慣づけができていきます

 タオマーは難しいのでリズム感のある音楽♪をかけて音楽が終わるまで磨くようにしましょう。

 この時期虫歯になりやすいのは、上の前歯の外側&奥歯の噛み合わせ&歯と歯の間です


6〜12歳の歯磨きのPOINT

(一生使う永久歯が生えてきますフッ素を活用しましょう。汚れはキチンとおとしましょう)

 前歯と一番奥に6歳臼歯と言われる大きな歯が生えてきます。奥歯は生えきるには時間がかかります。

 食渣が生え始めの歯の上に残って生えきる前に虫歯になってしまいます。

 また、生えたての歯の溝は深くて歯ブラシでは磨ききれないので永久歯が生えてきたら必ず、

 ご家庭でフッ素の塗布もしくは洗口をしてください。

 6歳臼歯をみがくために「プラウト」という歯ブラシをお勧めしています。

 自分ひとりで磨けていかなければいけないので、「歯磨き上手Pro」というブクブクうがいでプラークを

 赤く染めだせる製品がありますので週末などお時間が取れるときは染めて磨き部分をクリアにしてあげ

 ると3分間くらいでかなり上手に磨けます。

 平日もタイマーなど活用して3分間はブラッシングをしてください。

 

さて、わたくしも含めまして大人のお話です

 オーラルフレイル(Oral=口腔  Frailty=虚弱) 歯や口の働きの「虚弱化」という意味です

老化の始まりを示すサインとして注目されるようになってきました。

健康と介護の間には、筋力や心身の活力が低下する”フレイル”と呼ばれる中間的な段階があるとされて

います。その手前にある前フレイル期にオーラルフレイルの症状はあらわれます。

この話に関しましては次回細かく書きたいと思います。


       5月25日26日は第55回日本小児歯科学会が九州 小倉で行われます

                勉強の成果をお伝えできればとおもいます

 


    6・7月の矯正診療日

          6月10日(土) 9時30分〜17時

              19日(月)  16時〜20時

          7月 8日(土) 9時30分〜17時

               10日(月)   16時〜20時



診察時間

9:30~13:00 × ×
14:30~19:00 × ×

※毎週木曜、日曜、祝祭日は休診となります。 ▲土曜日は17:00までの診療とさせていただきます。

※第2月曜17:00~20:00 第4土曜10:00~17:00は矯正専門医の診療です。

“地域密着の姿勢で、患者さまに最適な歯科診療をご提供します”

小松歯科医院はJR京浜東北線・東京メトロ南北線「王子」駅から徒歩4分、東京都北区王子にある歯科医院です。

一般歯科治療をはじめ、矯正歯科治療、予防歯科、審美治療、入れ歯など幅広く高度な診療で、王子エリアの患者さまの歯のお悩みにお応えし続けてきました。地域の皆さまに気軽に来院いただけるアットホームな雰囲気のなかで、最先端の医療技術をこれからもご提供します。

[当院の治療システム]

(1)気軽にお電話でご連絡ください。
(2)初診の際に問診表に必要事項をご記入いただき診察に入ります。
(3)歯茎の検査、デジタル撮影によるレントゲン写真、口腔内写真をビジュアルマックスに入力します。

(4)ビジュアルマックスに入力したデータによる説明を通し、ご自分の磨き残しの状態や、歯並の状況をび、詰め物、被せ物、歯ぐきの状況をご確認いただきます。

(5)ご自分の歯の磨き残しの状態や歯並び、詰め物、被せ物、歯ぐきの状況などをモニターでご確認いただきます。
(6)以上のステップで治療内容へのご理解を高めたあと、治療に入ります。

診療内容

小児歯科
専門医が、お子さまのむし歯を治すだけではなく、虫歯のない歯を維持するための予防指導なども行います。
矯正歯科
悪い歯並びを治す治療の一つです。矯正専門医が症状に応じた適切な矯正歯科治療をご提供します。
審美歯科
健康で美しく白い歯がもたらす笑顔。歯の美的な側面に焦点を当てた総合的な歯科医療分野です。
ホワイトニング
白い歯がかもし出す効果に注目が集まっています。歯を削ることなく白い歯を手に入れることができます。
インプラント
失った自分の歯の代わりに入れる人工の歯です。自然な仕上がりと使い心地を実感できます。
入れ歯
誰でも入れ歯(義歯)にはなりたくないものですが、これまでの入れ歯のイメージを変える治療技術があります。
アンチエイジング
お口の中からの若返りをはかるために、歯科治療の面から年齢の壁を越えるさまざまな方法をご提案しています。
精密治療
肉眼では確認が困難な場所も「医療用拡大鏡」で治療が可能に。より水準の高い治療が可能になります。
このページのTOPへ